象徴解釈によるサビアンシンボル研究所

サビアンシンボル 水瓶座1度の意味と解説

アラモ伝道所(アラモ砦)

サビアンシンボル 水瓶座1度の意味

Aquarius 1:An old adobe mission.
《日本語訳》古いレンガ造りの伝道所。

  • (体系化・理論化された)新しい思想の普及
  • 普及への欲求

サビアンシンボル 水瓶座1度の解説

水瓶座は風のエレメントに属する最後のサインです。風のエレメントはその根幹に「広める」ことへの欲求があり、それはコミュニケーションという形で展開されます。
1度はどのサインにおいても基本的な性質を表し、水瓶座の場合、それは「新しい思想の普及」と考えることができます。普及は、世間一般に行き渡らせること、という意味です。

また、新しい思想を広めるには、その思想が体系化・理論化されている必要があることも、付け加えておきましょう。

伝道所(=mission)は、かつてその土地でキリスト教の布教が行われたことを意味しています。15世紀以降、ヨーロッパの列強諸国がアメリカ、アフリカ、東南アジアに進出し、それら地域の国々を植民地化すると同時にキリスト教を広めました。
アメリカ南部や南アメリカの一部地域にはイエズス会の宣教師による伝道所が建てられ、テキサス州のアラモ伝道所をはじめとするいくつかの伝道所は現在もなお当時の姿をとどめています。

また、アドビレンガ(=adobe)は日干しレンガのことです。アメリカでは、南部に居住していたタオス・プエブロ族の住居に用いられていました。アラモ伝道所は、まさにこの日干しレンガで作られた建造物です。
他のサインの度数でも折に触れて書いていますが、サビアンシンボルではアイデンティティに関する象徴として、インディアンがしばしば登場します。頭の片隅に置いておきましょう。

水瓶座1度に登場する、日干しレンガ造りの古い伝道所。新大陸において、宣教師たちは先住民族のインディアンにキリスト教を広めようとしました。インディアンは自然崇拝に基づいた独自の宗教概念を持っていたので、それを完全に捨てさせることはできなかったものの、一部の人々は「新しい教え=キリスト教」を受け入れたようです。
このような歴史的背景を考えると、水瓶座1度では、伝道所が「新しい思想の普及」を象徴していると考えて良いでしょう。

サビアンシンボルに登場する要素は、2つの意味を持つことがあります。水瓶座1度に登場する伝道所をアラモ伝道所と限定するなら、そこに「革命」をいう象徴を付け加えることができます。
アラモ伝道所はテキサスがメキシコ領から独立する際に砦として使われたことから、アラモ砦とも呼ばれ、革命の象徴にもなっているそうです。

コメントは利用できません。

おしゃれな天然石アクセサリー

おしゃれな天然石アクセサリー La Grive iichi店

運営者情報

『天球の音楽』運営者のDANA.Mです。神話や象徴解釈、ユングの提唱した集合的無意識をベースにサビアンシンボルを研究しています。

旧ブログはこちら→

運営者よりメッセージ