象徴解釈によるサビアンシンボル研究所

サビアンシンボル 蟹座1度の意味と解説

船と翻る旗

サビアンシンボル蟹座1度の意味

Cancer 1:A furled and an unfurled flag displayed from a vessel.
《日本語訳》船に掲げられた旗が巻き上げられ、翻っている。

  • 自分たちの居場所を獲得する。
  • 自分の生きる場所を定める。

サビアンシンボル蟹座1度の解説

蟹座は4番目のサインです。「4」という数は安定や停止を表すことから、自分の場所を定めるという意味に解釈することができます。船は自分たちの国籍を示す際に旗を掲げることから、蟹座1度では自分たちの存在を他者に知らせていると考えられます。
また、「翻る旗」は勝利の象徴です。
船、旗、居場所、勝利……これらの言葉から「新大陸発見」のイメージが思い浮かびます。蟹座1度は、新しい居場所を手に入れた場面を表していると考えることができそうです。

人類の歴史において、ある民族が新しい土地を手に入れようとする場合、人口増加や食糧難といった物理的な理由のほか、民族主義との関わりが影響している場合があります。15~17世紀にスペインやポルトガルが新大陸を目指した背景には、イスラム勢力の進出による民族主義の高まりがありました。スペインやポルトガルは自分たちが住んでいた土地を他民族に奪われたため、新たな領土拡大(とキリスト教信者の獲得)を目指したのです。

民族とは同族意識によって結ばれている集団のこと。ブリタニカ国際大百科事典によれば、民族は以下のように定義されています。
—–
一定地域に共同の生活を長期間にわたって営むことにより,言語,習俗,宗教,政治,経済などの各種の文化内容の大部分を共有し,集団帰属意識 (→エスニック・アイデンティティ ) によって結ばれた人間の集団の最大単位をいう。
—–

蟹座サインの根底にあるのは “同じ世界観の中で生きている”という同族意識です。牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座といった活動サインは、アイデンティティの確立と関係していますが、蟹座サインでは集団としてのアイデンティティに意識が向かいます。

関連記事

コメントは利用できません。

おしゃれな天然石アクセサリー

おしゃれな天然石アクセサリー La Grive iichi店

運営者情報

『天球の音楽』運営者のDANA.Mです。神話や象徴解釈、ユングの提唱した集合的無意識をベースにサビアンシンボルを研究しています。

旧ブログはこちら→

運営者よりメッセージ