象徴解釈によるサビアンシンボル研究所

サビアンシンボル 蟹座2度の意味と解説

サビアンシンボル蟹座2度の意味

Cancer 2:A man suspended over a vast level place.
《日本語訳》広く平らな大地に吊るされた男。

  • 自己犠牲的精神。
  • (不安から)自分と仲間を危険から守ろうとする性質。

サビアンシンボル蟹座2度の解説

蟹座2度では男が吊るされています。タロットに知識のある方なら、大アルカナのXII「吊るされた男」を思い浮かべるかもしれません。大アルカナのXII「吊るされた男」では男が木から吊るされている絵が描かれています。この絵柄のルーツには諸説ありますが、一説では北欧神話の主神オーディンの姿と言われています。
蟹座2度の状況を、大アルカナのXII「吊るされた男」と仮定して解釈してみましょう。

オーディンは世界樹(ユグドラシル)から吊るされ、槍で突き刺された状態で9日間で過ごし、ルーン文字の秘密を授かりました。私の解釈では2が陰陽を表す数であることから、サビアンシンボルの2度はそのサインの思考や行動の源泉となる性質を表します。「吊るされた男=オーディン」と考えた場合、オーディンのキャラクターを知ることで、蟹座サインの潜在的性質が見えてくるでしょう。

北欧神話の主神オーディンは戦いの神であり、アース神族の主神です。同時に貪欲な知識欲を持ち、右目と引き換えにミーミルの泉の水を飲んだり、樹から吊るされた状態で過ごしてルーン文字を得たり、自己犠牲的行為によって深い知識を得てきました。
そして、神々が破滅する運命にあることを知ったオーディンは不安にかられ、自分と仲間の神々の破滅を回避しようと、常に世界中を監視するようになりました。また、勇敢な戦士を集めるため、わざと人間界に不和をばらまき、戦いにかりたてました。
しかし、皮肉なことに、破滅への不安からとった数々の行動は逆に破滅を早めることになり、ついには神々の終焉(ラグナロク)を迎えることになるのです。

蟹座は自分の同じ種族(仲間)を生み、増やし、同じ場所で共に生きることを好むサイン。母性的といわれる蟹座ですが、蟹座のサビアンシンボルからは、自分の種族を守るために活動するリーダー的気質も感じられます。ただし、その「守り」の根底には、「平和や安全が脅かされるかもしれない……」という不安が潜んでいるのかもしれません。
魚座2度も防衛に関する度数で、敵から逃れようとするリスの行動について説明しています。過剰な不安は逆に危険な結果を招き寄せてしまう可能性があるということですね。

補足ですが、蟹座2度に示されている自己犠牲的精神を母性と結びつけて考えるなら、北欧神話つながりでルーン文字「ベオーク(ベルカナ)」の意味を考えてみると、面白いかもしれません。ベオークはカバノキを表し、母性を表すルーン文字です。カバノキという植物の性質を考えた場合、象徴的には自分以外の仲間のために我が身を犠牲にする(結果的にですが…)性質を表していると考えられます。

ルーン文字の「ベオーク(ベルカナ)」にご興味のある方は、ルーン文字の意味を説明したサイト『ノルンが紡ぐ運命の糸』をご覧ください。

関連記事

コメントは利用できません。

おしゃれな天然石アクセサリー

おしゃれな天然石アクセサリー La Grive iichi店

運営者情報

『天球の音楽』運営者のDANA.MICOです。神話や象徴解釈、ユングの提唱した集合的無意識をベースにサビアンシンボルを研究しています。

運営者よりメッセージ