象徴解釈によるサビアンシンボル研究所

サビアンコラム

渇きを癒してくれる本当の水

牡牛座7度の1年を過ごす~4か月目~

出生図の太陽を1年に1度ずつ動かすソーラーアーク(プログレス)の太陽を1年のテーマとして活用するようになってから、10年以上経ちます。今年は2月に太陽が牡牛座7度へ移動し、「牡牛座7度の1年が始まります。」記事でも書いた通り、「自分が本当に欲しているモノ」について考える日々を過ごしています。 …

自分を見失っている女性

牡牛座7度の1年が始まります。

2月の終わり頃、私のソーラーアークの太陽が牡牛座7度に移動します。 牡牛座7度に移動する日に、 ソーラーアーク太陽にトランジットの火星がコンジャクション。 ネイタルの火星にトランジットの太陽がトライン。 というアスペクトができているのは、ちょっと面白いかもしれません。 …

魚座のイメージ

魚座が持つアイドル性、獅子座が持つヒーロー性

サビアンシンボルの1度は、そのサインが持つ基本的な性質を表しています。2度は内在性です。内在性というのは、さまざまなモノが生まれる土壌と考えると分かりやすいかもしれません。どのサインも多面的な性質を持ちますが、2度はそのサインが持つさまざまな性質の源泉になっています。 魚座と獅子座は150度の…

牡牛座6度の1年を過ごす:part2

私のソーラーアークの太陽は、現在牡牛座6度(Taurus6:A bridge being built across a gorge.)を通過中です。 その牡牛座6度の1年も、そろそろ終盤にさしかかってきました。 「他者が持つ価値観を知り、それを受け入れる準備をする」というのが、牡牛座6度のサビア…

サビアンシンボルは太陽の通り道

サビアンシンボルは太陽の通り道 サビアンシンボルの意味を考えることはとても楽しいものですが、サビアンシンボルを実践で使うことはなかなか難しい……と感じる方が多いと思います。私は「サビアンシンボルで1年のテーマを考える」記事で書いたように、ソーラーアークの太陽を見るときに、サビアンシンボルを使ってい…

魚座1度と魚座5度~魚座の存在価値を左右する他者の存在~

以前、「サビアンシンボルから見る、魚座の持つ公共性、大衆性」の記事で、魚座1度では“第三者によって自分の存在価値が決められる”ことが示されている、という解釈をご紹介しました。 今回は魚座5度のサビアンシンボルもご紹介して、魚座1度と魚座5度に共通してみられる性質について考えてみます。 他…

サビアンから見る乙女座の分析力、魚座の想像力

乙女座と魚座はちょうど真向いに位置するサインです。 サビアンシンボルを見てみると、オポジションの関係にあるサインはひとつのテーマをお互いに反対側から見ているようなところがあります。アプローチ方法は違っても、結果的には同じゴールに辿り着くこともあり、西洋占星術の勉強で「反対側のサインもセットで考えま…

牡牛座6度の1年を過ごす:part1

サビアンシンボルの活用法はその人によっていろいろあると思いますが、私はソーラーアークの太陽の度数を見る時に使っています。「ソーラーアークの太陽が牡牛座6度に入りました」記事で書いたように、自分のソーラーアークの太陽が牡牛座6度に入ってからというもの、牡牛座6度のサビアンシンボルに符号するような流れの…

サビアンシンボルから見る、魚座の持つ公共性、大衆性

魚座は、優しいとかロマンチックであるとか、あるいは不思議ちゃん、天然、優柔不断など……何ともフワフワしたワードが並びますが、そのような言葉で語られることが多いサインです。自己犠牲的ともいわれます。 しかし、魚座太陽の自分としては、声を大にして言いたいのです。 そうではありません!! (…

サビアンシンボルから見る乙女座サインの恒常性

乙女座は健康や労働と関わるサインです。 これは、自分自身の存在を安定させたいという潜在的希求につながっています。 安定とは何でしょうか? まず思い浮かぶのは、住む場所や仕事があること。 生活が安定することで、趣味を楽しんだり、恋愛を楽しんだり、将来のために勉強することができるでしょう。 …

ラグリブ:お洒落な天然石アクセサリー

おしゃれな天然石アクセサリー La Grive iichi店

運営者情報

『天球の音楽』運営者のDANA.Mです。神話や象徴解釈、ユングの提唱した集合的無意識をベースにサビアンシンボルを研究しています。

旧ブログはこちら→