象徴解釈によるサビアンシンボル研究所

サビアンコラム

いろいろな価値を持つ人々のチーム

牡牛座6度の1年を過ごす:part1

サビアンシンボルの活用法はその人によっていろいろあると思いますが、私はソーラーアークの太陽の度数を見る時に使っています。「ソーラーアークの太陽が牡牛座6度に入りました」記事で書いたように、自分のソーラーアークの太陽が牡牛座6度に入ってからというもの、牡牛座6度のサビアンシンボルに符号するような流れの…

市場

サビアンシンボルから見る、魚座の持つ公共性、大衆性

魚座は、優しいとかロマンチックであるとか、あるいは不思議ちゃん、天然、優柔不断など……何ともフワフワしたワードが並びますが、そのような言葉で語られることが多いサインです。自己犠牲的ともいわれます。 しかし、魚座太陽の自分としては、声を大にして言いたいのです。 そうではありません!! (…

メトロノーム

サビアンシンボルから見る乙女座サインの恒常性

乙女座は健康や労働と関わるサインです。 これは、自分自身の存在を安定させたいという潜在的希求につながっています。 安定とは何でしょうか? まず思い浮かぶのは、住む場所や仕事があること。 生活が安定することで、趣味を楽しんだり、恋愛を楽しんだり、将来のために勉強することができるでしょう。 …

向かい合わせの女性

ソーラーアークの太陽が牡牛座6度に入りました

ソーラーアークの太陽が牡牛座6度に移動してから1カ月経ちました。 『ソーラーアークの太陽で1年のテーマを考える』でも書きましたが、私はサビアンシンボルの度数をソーラーアークの太陽を見るときに使っています。 ソーラーアークの太陽が牡牛座5度にいたときは、深層意識にしまいこんでいた本当の自分が持…

1年のテーマ

サビアンシンボルで1年のテーマを考える

私はサビアンシンボルをソーラーアークの太陽(プログレスの太陽)を読むときに使っています。 旧ブログ『サビアンシンボルの度数にネイタルの天体を固定しない』でも書いたように、私はネイタルの度数に天体を固定して読むことはしていません。 自分のチャートにある太陽がどのようなテーマと向き合い、成長してゆく…

蠍座サインのイメージ

サビアンシンボルから見る蠍座サインの誤解

蠍座サインを苦手とする方は多いでしょう。 蠍座サインは「執念深い」「嫉妬深い」とか「死と再生」というキーワードで語られることが多いので、「蠍座イコール怖い」というイメージがついてしまったのかもしれません。 しかし、12サインに備わっているどんな性質も表と裏を持ち、その性質の奥に「サインの原点」が…

ラグリブ:お洒落な天然石アクセサリー

おしゃれな天然石アクセサリー La Grive iichi店

運営者情報

『天球の音楽』運営者のDANA.Mです。神話や象徴解釈、ユングの提唱した集合的無意識をベースにサビアンシンボルを研究しています。

旧ブログはこちら→