象徴解釈によるサビアンシンボル研究所

サビアンシンボル 双子座5度

雑誌

サビアンシンボル 双子座5度の意味

Gemini 5:A radical magazine.
《日本語訳》過激な雑誌。

  • 扇動的な表現への嗜好。
  • マスコミ(マス・コミュニケーション)との関連。

サビアンシンボル 双子座5度の解説

双子座5度では雑誌が登場します。双子座1度のグラスボート、双子座2度のサンタクロース、双子座3度のチュイルリー庭園に続き、双子座5度の「雑誌」も人工的産物です。
サビアンシンボルにおいて、5度という度数はそのサインが自身の存在を外界へ打ち出す際の表現方法や姿勢を表します。

双子座は言葉やコミュニケーションをつかさどるサインですが、根幹にあるのはコミュニケーションへの欲求です。双子座4度でもご説明しましたが、双子座13度のピアノ、双子座14度のテレパシーのようにコミュニケーションすることが目的であり、コミュニケーション手段の一つとして言葉が存在するといえます。

双子座5度では、「雑誌」から言葉が連想されますが、もう一歩洞察を深めてみましょう。
サビアンシンボルが世に送り出されたのは1925年。その数年後にやって来る1930年代はアメリカにおける「雑誌の黄金時代」と呼ばれ、写真で情報を伝えるグラフ誌「LIFE(ライフ)」も1936年に創刊されています。アメリカより一足先にフォトジャーナリズムが誕生したヨーロッパでは、1920年代にグラフ誌が創刊されました。
これらグラフ誌の誕生と成長は、カメラや写真撮影技術の発展と無縁ではありません。カメラも雑誌も人工的産物であり、双子座サインのサビアンシンボルに相応しい要素といえるでしょう。

写真で情報を伝えるグラフ誌は人々の知的好奇心を満たすと同時に、写真が持つ「感情への刺激、扇動性」も併せ持っています。例えば、戦争の悲惨な状況を撮影した写真を見た人が、戦争への怒りから何らかの行動を起こすかもしれません。

双子座サインが理想とするコミュニケーションの種類は、大衆の心を動かすマス・コミュニケーションです。双子座5度に登場する「過激な雑誌」を写真で情報を伝える「グラフ誌」と解釈することで、双子座が持つ扇動的な表現への嗜好も浮かび上がります。

関連記事

コメントは利用できません。

おしゃれな天然石アクセサリー

おしゃれな天然石アクセサリー La Grive iichi店

運営者情報

『天球の音楽』運営者のDANA.Mです。神話や象徴解釈、ユングの提唱した集合的無意識をベースにサビアンシンボルを研究しています。

旧ブログはこちら→

運営者よりメッセージ