象徴解釈によるサビアンシンボル研究所

サビアンシンボル 魚座2度の意味と解説

隠れるリス

サビアンシンボル 魚座2度の意味

Pisces 2:A squirrel hiding from hunters.
《日本語訳》ハンターから隠れているリス。

  • 強い警戒心
  • シミュレーション能力

サビアンシンボル 魚座2度の解説

魚座2度に登場するリスは、魚座サインが強い警戒心を持ち、周囲の状況に反応して行動することを表しています。リスは、ハンターが葉を踏みしめるかすかな音を聞き、ハンターの発するにおいをかぎ、ハンターの気配を感じ、逃げおおせることができるに違いありません。

サビアンシンボルの2度が示すのは、そのサインの行動の源泉となっている潜在的性質です。魚座1度では周囲の状況に翻弄されやすい基本的性質が示されていました。それを自覚しているため、本能的に強い警戒心で自分を守ろうとするのかもしれません。

リスが象徴するイメージ

リスは世界中に分布しており、日本・アメリカ・ヨーロッパはもちろん、アフリカの昔話にも登場します。リスが頬袋に木の実を詰め込んで巣に運び込む様子は蓄財のイメージを連想させますが、地域によってリスに対するイメージは多少異なるようです。

北欧神話に登場するリスは、樹上に住む鷲と地下に住む蛇の両方に相手の悪口を伝える、信用できないメッセンジャーとして描かれています。おそらく、リスが木を上ったり下りたり、せわしなく動き回る姿から連想されたのでしょう。

また、リスの紋章は軍事に関わった祖先がいることを表し、これは警戒心や防衛本能が強いリスの生態に由来していると考えられます。天敵が多いリスは警戒心が非常に強い動物です。そのため視界が非常に広く、いざという時に逃げやすいよう尻尾も切れやすくなっています。

魚座サインに潜む防衛本能

魚座のサビアンシンボルには軍人や戦いに関する要素がいくつか登場します。(魚座6度の正装した将校、魚座13度の剣、魚座14度の部下を訓練する将校)。意味的に考えると、魚座2度も含めてもいいような気がします。
興味深いことに、不安が強い山羊座サインにも軍人や戦いに関する要素が多く登場します。他のサインではせいぜい1つ程度です。

長い歴史の中で軍隊が作られるきっかけは「防衛」にあったと言われています。昔は他国から侵略される危険性が常にあったため、自分たちの土地や財産を守らなければならなかったからです。「防衛」が軍事の根底にあるとすれば、警戒心が強い魚座のサビアンシンボルに軍人や戦いに関係する要素が登場するのは、不思議なことではないのかもしれません。

注意したいのは、周囲の状況に反応して自分を守ろうとする性質が過剰に発揮されると、さらに危険な状況を招き寄せてしまう可能性があるということです。
リスは敵に捕ままりにくいよう、ジグザグに走る習性をもちます(捕食される動物に多い)。しかし、道路で自動車に出会った時、ジグザグに走ると他の車にぶつかる危険性が高くなり、結局は轢かれてしまうことが多いそうです。

関連記事

コメントは利用できません。

おしゃれな天然石アクセサリー

おしゃれな天然石アクセサリー La Grive iichi店

運営者情報

『天球の音楽』運営者のDANA.Mです。神話や象徴解釈、ユングの提唱した集合的無意識をベースにサビアンシンボルを研究しています。

旧ブログはこちら→

運営者よりメッセージ