象徴解釈によるサビアンシンボル研究所

サビアンシンボル 魚座4度の意味と解説

パナマ

サビアンシンボル 魚座4度の意味

Pisces 4:Heavy traffic on a narrow isthmus.
《日本語訳》狭い地峡のひどい交通渋滞。

  • 2つの世界をつなぐ
  • 媒介者的性質

サビアンシンボル 魚座4度の解説

魚座4度では、地峡(=isthmus)の象徴的な意味を探ることがポイントになります。魚座4度のサビアンシンボルに示されている「混雑」は、単に狭い場所で発生している交通渋滞とは異なります。

地峡とは

地峡とは、2つの大陸をつなぐように位置している、細長い陸地のことです。地峡では運河も建設されることが多く、アジアとアフリカをつなぐスエズ運河や北アメリカと南アメリカをつなぐパナマ運河のように、交通の要衝となります。

2つの異なる世界をつなぐ

このように、地峡は2つの大陸をつなぐ役割を持っているため、「異なる世界をつなぐ」象徴と考えて差し支えないと思います。
もちろん、実際の地峡では2つの国だけでなくさまざまな国の人や物資が行き交っているわけですが、ベースになる考えは「2つの大陸をつないでいる」という地理的特徴です。

歴史を振り返ってみると、地峡は国同士の交易で重要な役割を果たしただけではなく、時には政治・軍事面でも大きな影響を与えてきました。

15世紀以降、スペインは中南米アメリカへ進出して各地を次々に征服した後、植民地化した国から金や銀を奪い、パナマ地峡を拠点として本国へ運びました。その結果、スペインは莫大な富を築き、当時のヨーロッパ諸国の中で優位にたつことができたのです。
一方、スエズ地峡に建設されたスエズ運河では、運河建設事業をめぐってさまざまな国が関与し、対立が起きました。アジアとアフリカをつなぐスエズ地峡が、いかに重要な場所だったかということがわかるかと思います。

魚座4度が示す、媒介者的性質

4度はそのサインの不変的性質、アイイデンティティの根幹となる性質を示しています。魚座4度に示されているのは、魚座が持つ媒介者的性質です。それが、地峡という象徴で表現されています。

自分の存在を通じてさまざまなモノが行き交う。
神託を受け取る巫女のような存在ですが、現実世界では表現者のような役割を果たすことが多いのではないかと思います。例えば、役に命を吹き込む役者、曲を現代に蘇らせるクラシック音楽の演奏家など、その人自身を通じて何かが他者に伝達されるような職業がそれに相当します。

単なる伝言ゲームや物々交換と異なるのは、媒介者としての存在価値です。役者や演奏家に例えると、その存在価値を評価しているのは鑑賞する人々、つまり第三者ということになります(魚座1度を参照)。
ここで大事なことは、役者や演奏家は作品を他者に伝えるための存在だということです。何もないところから作品を生み出す創作者とは異なります。

魚座4度で起きている交通渋滞とは

地峡はその地理的性質から、さまざまな国の人やモノが行き交う場所であることは既にご説明しました。しかし同時に、多くの人やモノが集まる場所だからこそ、トラブルが起きる危険性もはらんでいます。

魚座4度に示されているひどい交通渋滞は、媒介者的性質のネガティブな面を表している印象を受けます。地峡は細長い形状をしており、大陸のように広いわけではありません。両側の大陸から反対側へ向かおうとする人々が一斉に押し寄せると、当然ながら交通渋滞が起きてしまいます。

これを媒介者的性質に当てはめると、こんなふうに考えられると思います。あるモノを受け取っても渡す相手がいないとモノが増える一方になり、両方からいっぺんにモノを渡されると混乱が生じる……この状態を象徴しているのが、交通渋滞ではないかと考えられます。

魚座サインが持つ媒介者的性質をポジティブに発揮するには、媒介する流れを止めないために「ひっかかり」をなくすことが大切かもしれません。そのひっかかりとは、おそらくエゴではないかと思います。
魚座は柔軟宮最後のサインということもあり、社会や時代といった大きな概念と向き合い、自身の存在価値を変化させることが求められます。そのような場合、ある種のエゴは変化の妨げになる可能性が高いでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

おしゃれな天然石アクセサリー

おしゃれな天然石アクセサリー La Grive iichi店

運営者情報

『天球の音楽』運営者のDANA.Mです。神話や象徴解釈、ユングの提唱した集合的無意識をベースにサビアンシンボルを研究しています。

旧ブログはこちら→

運営者よりメッセージ