象徴解釈によるサビアンシンボル研究所

サビアンシンボル 牡牛座11度

花に水をやる

サビアンシンボル牡牛座11度の意味

Taurus 11:A woman sprinkling flowers.
《日本語訳》花に水をやる女性。

  • 才能を開花させて自身の価値を広める。
  • 自身の才能で人々を快適にする。

サビアンシンボル牡牛座11度の解説

11度は革新性という意味のほかに、新しいスタイルの普遍化という意味を持つ度数です。牡牛座11度で重要な要素である「花」は象徴と考えた場合、美しさ・儚さ(はかなさ)・若さなどいくつか意味がありますが、ここでは「才能」と解釈することにします。
また、サビアンシンボルにおける「女性」は、自身の内部で可能性を育て、形としてアウトプットする象徴、「水」は神の領域に属する物質です。
サビアンシンボルにおける「男性」と「女性」の持つ役割には違いがあり、牡牛座11度のように「woman=女性」とある場合は、女性が登場する必然性を考える必要があります。

日本語で「才能が開花する」という表現がありますが、英語でも「Great talents flower late.」という表現があり、これは大器晩成という意味です。牡牛座は地のサインであり固定宮に属していますので、何かを実現しようとする場合、急速に進めるのではなく、じっくり時間をかけて取り組みます。

牡牛座11度では既に花が開いた状態です。水をやることで開花状態は長く続きます。先にご説明した11度の意味、女性や水という象徴を併せて考えると、牡牛座11度では時間をかけて「自分という花」を育てて咲かせ、その価値を外界へ広めるという意味が浮かび上がります。
牡牛座というサインが普遍化するのは、神から授かった自身の才能です。その才能は人々の心を満たし、快適にしてくれることでしょう。

ハンドメイドアクセサリーを作っています♪
おしゃれな天然石アクセサリー

天然石アクセサリー ラグリブ

関連記事

コメントは利用できません。

おしゃれな天然石アクセサリー

おしゃれな天然石アクセサリー La Grive iichi店

運営者情報

『天球の音楽』運営者のDANA.Mです。神話や象徴解釈、ユングの提唱した集合的無意識をベースにサビアンシンボルを研究しています。

旧ブログはこちら→

運営者よりメッセージ