象徴解釈によるサビアンシンボル研究所

サビアンシンボル牡牛座8度

ソリ

サビアンシンボル牡牛座8度の意味

Taurus 8:A sleigh without snow.
《日本語訳》雪が降っていない時期のソリ。

  • 時期がくるまで待ち続ける忍耐力。

サビアンシンボル牡牛座8度の解説

サインのパワーが充満している状態、それが8度です。
牡牛座はエレメントでは地のサイン、さらに三区分では固定宮に属しているサインであることから、じっくり時間をかけて完成させる性質を持っています。それは忍耐強さ、自分でこうと決めたら後に引かない頑固さにもつながります。

そんな牡牛座のパワーが充満している世界というのが、牡牛座8度に表れている「雪が降っていないソリ」です。雪が降っていないため、当然ソリを使うことができません。
しかし、牡牛座サインは“ソリを使う時期がやって来るまで待つ”のです。傍から見れば少々滑稽な姿かもしれませんし、ソリを使う時期はまだまだ先かもしれませんが、確実にその時期がやってくることを知っているからです。

“その時”が来るまでじっと待ち続ける忍耐力、それが牡牛座サインのパワーが充満した状態といえます。牡牛座3度の「クローバーの咲いている芝生」に見られるように、時間をかけて自分の存在する世界を強固で安定したものに変える力を持っているのです。

8という数は「パワー」を表します。しかし、サビアンシンボルにおいては、パワーを掌握している状態というより、パワーが充満している状態と解釈した方が良さそうです。ただし、サインによってはパワーを掌握して何らかの社会的地位を獲得するとか、他者に大きな影響を与える、ということはあります。
牡牛座サインの場合は、ちょうど良いタイミングが来るまで待つ、という忍耐強さを発揮します。

関連記事

コメントは利用できません。

おしゃれな天然石アクセサリー

おしゃれな天然石アクセサリー La Grive iichi店

運営者情報

『天球の音楽』運営者のDANA.Mです。神話や象徴解釈、ユングの提唱した集合的無意識をベースにサビアンシンボルを研究しています。

旧ブログはこちら→

運営者よりメッセージ